外見だけでなく内面を磨く事も手ぬかりなく

私が日々美容のために気を付けている事は、オーラを磨く事です。
よく芸能人等でオーラがある人といった言葉で、きれいな人や輝いている人の魅力をたとえていますが、オーラって実際には目に見えないので実は自分磨きをする中でも一番難しいのです。

でも日々生活していて、オーラを磨くには例えばダンスを踊ってリズム感を身に付ける、きれいな仕草を身に付ける、反射神経を磨く、無駄な脂肪のないボディを構築する、精神を鍛えながら内面を磨いていくといった事が有効なのかもしれないとわかってきました。

それで普段暇があると、いろいろな種類のダンスを踊ったり、読んで精神の糧となるような書に目を通しながら、良い記事があったらコピーしてノートに貼って行って、暇を見つけては読み直したり、朗読しながら自分のものとして身に付くように努力しています。

こういったストイックな努力が、内面からこみあげてくる自信を少しずつ作り上げてくれるような気がします。
自分磨きも多角的なビジョンを持って取り組んでいくと、大変面白いなと思いました。